自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

フランチャイズ代理店で成功するための知識

諦めるの早くな~い?開業資金不足を救うフランチャイズ本部のサポートまとめ

2019/02/04フランチャイズ代理店で成功するための知識】

フランチャイズに加盟をして開業をするときに最初の難関となるのは資金の調達です。この開業資金の不足は加盟するオーナー側の難関であると同時に、加盟店を増やしたいフランチャイズ本部側にとっても頭が痛い問題です。そこでフランチャイズ本部の機能として「金融支援機能」なるものがあります。

この記事では開業資金の調達に関するフランチャイズ本部のサポートについて見ていきましょう!

FCで開業するときの資金調達について

加盟店に儲けてもらって本部も儲ける、というフランチャイズ・システム上、加盟店を増やすことはフランチャイズ本部の収益の増加にも直接的に繋がります。また、一時的といえど加盟時に徴取する加盟金もフランチャイズ本部にとっては重要な収益源です。

しかし、加盟者を募集していく中で開業資金の問題で加盟が難しいという問題は頻繁に発生します。開業後に経営をしていくためには初期費用だけではなく、その後のある程度の運転資金や生活費についても確保しておかなければなりません。(開業に必要な資金についてはこちらを参照ください)

 

開業資金不足で諦めていく人の中には

 

「このフランチャイズの商品に惚れ込んでいるのに開業資金が足りない。。。」

「このフランチャイズの理念に心から共感しているのに開業資金が足りない。。。」

 

といった思いを持った人も含まれています。このように非常に熱意があり、そのフランチャイズを愛してくれている加盟希望者には本部からしてもぜひ加盟してもらい、一緒にそのフランチャイズ盛り上げていってほしい、と考えるのは必然です。また、このような人はとりあえず資金があるけどそこまでそのフランチャイズに思い入れがない、という人よりも開業後の成功率も上がるものです。

このようにフランチャイズに惚れ込んでくれている加盟希望者を、資金が足りないからという理由で断念するのは本部にとっても損失となりえます。かといって簡単に各加盟者ごとに加盟の条件を変えることは手続きなどの煩雑化にも繋がり、加盟者間の軋轢を生む原因にもなります。また、一律で加盟金を減らす、といった施策も簡単にはできないことでしょう。

そこで各フランチャイズ本部は資金が足りない人にも加盟を検討してもらえるように、いろいろと工夫を凝らして資金面の支援を行っています。これをフランチャイズ本部が持つ「金融支援機能」といいます。

次の章では金融支援機能の具体的な中身を見ていきましょう。

開業資金不足を解消する本部の秘策

フランチャイズ本部が資金不足の加盟希望者に対して行う金融支援は直接的なものと間接的なものがあります。もちろん各フランチャイズ本部によってどのような形で支援してくれるかは異なるので事前にしっかりと確認をしておきましょう。

 

直接的な支援

本部によってさまざまな支援の方法がありますが、ここではいくつかの例を挙げていきます。気になるフランチャイズ本部が見つかったものの、資金が不足しているという場合には本部の担当者に積極的に聞いてみましょう。

①本部融資制度

金融機関に代わり、本部が直接加盟店に融資を行う制度のこと。しかし新規の加盟者に対して本部が融資を行うことは珍しく、既存の加盟店に対しての改装資金の援助などに使われることが多くなっています。

②インターンシップ制度

一定期間直営店で勤務しながらノウハウを学び、最終面接を得て独立開業をする制度で、直営店で働いている期間の報酬を加盟金に充当することができる制度です。本部としては実際に働く姿を見てその加盟希望者の適性を確認することができ、加盟者としては仕事の内容を確認しつつ報酬を得る事ができるといったメリットがあります。また、優秀だった人には加盟金を免除するといった措置が取られることもあります。

③リース

厨房器具、サービス業に必要な設備などをリースで対応することにより開業に必要な資金を抑える方法です。場合によってはトータルのリース額は変わらないものの、開業後の期間限定で無償貸与という場合もあるようです。

④ターンキー制度

物件選びから店づくりまでを本部が出資して行い、オーナーは鍵を受け取ったらすぐに営業が始められるという制度になります。開業に必要な資金が大幅に減るため、コンビニの加盟店拡大に貢献している制度です。

⑤加盟金を分割制にする

加盟時に加盟金の半額を払い、残りは定められたタイミングで支払うといった形で加盟金を分割払いにすることにより、開業時の負担を減らす方法です。似たような方法で定められたタイミングまでロイヤリティを減額するという方法もあります。しかし、利子などにより期間に応じてトータルで支払う額は通常よりも多くなる場合が多いです。

⑥社員独立制度

本部内にて独立するための資格基準を設定し、その資格を有した本部の社員に対して、独立時に融資を行ったり、開業に必要な加盟金や研修費などを免除する制度。直営店で働く社員に対してキャリアパスを見せることで、優秀な人材の流出を防いだり社員のモチベーションアップに繋がるなどの効果があります。また、純粋に加盟店の増加に繋がるとも言えます。

 

間接的な支援

こちらは金融機関から融資を受けるにあたっての本部からのサポートになります。そもそもフランチャイズに加盟して開業する場合は個人で開業する場合よりも融資を受けやすくなります。理由は簡単で、既にフランチャイズチェーンとしての成功実績もあるし、知名度も資本力もあるので信用度が高いからです。

①窓口の紹介

借入に関しては日本政策金融公庫の創業融資を利用する人が多いですが、その他にも信用保証協会の保証付融資、地方公共団体の融資など、資金調達をするための窓口を紹介してくれるサポートです。本部が各窓口での流れや融資に漕ぎつけるコツなどを知っている事もあるので、自分で0から調べて足を運んで話を聞くよりもスムーズに進むことでしょう。

②計画書作成のサポート

①と繋がっていますが、各窓口で融資を得るために必要な資金計画書や事業計画書の作成に関して相談に乗ってくれたり、実際に作成を手伝ってくれたりするサポートです。初めて開業をする人にとっては有難いサポートではないでしょうか。

まとめ

開業資金に関するサポートを知ったことで、もしかしたらフランチャイズに加盟して開業するにあたって資金が足りない、と思っていた人にも新しい可能性が見えてきたかもしれません。フランチャイズであれその他の方法であれ開業するときに必要なのはしっかりとした計画です。開業に必要な資金を調達するために実現可能で無理がなく、かつ最悪の場合もしっかりと考慮した計画を立て、フランチャイズでの開業を成功させましょう!

(自分にぴったりなフランチャイズの探し方はこちらをどうぞ!)

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

前の記事へ
次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
みんコレ!限定クーポン・キャッシュバックあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ