自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

起業独立開業・経営用語(一覧はこちら

関連多角化とは・意味

2019/01/10起業独立開業・経営用語(一覧はこちら)】

関連多角化(かんれんたかくか)

カテゴリ:起業独立開業・経営戦略

関連多角化とは、自社が現在行っている既存事業と、同じ分野など関連性が高い事業へ進出することで成長を図る経営戦略のことです。

多角化には「関連多角化」と「非関連多角化」があり、既存事業と関連性の高いものが「関連多角化」、低いものを「非関連多角化」と言います。

既存事業と関連性が高ければ、既存事業の製品や技術、流通、市場、経営資源(人材、既存資産、ノウハウなど)を活かしやすく、シナジー効果を出しやすくなります。そのため、一般的には関連性が低い事業(非関連多角化)に比べ、関連多角化の方が成功する可能性が高くなります。

関連多角化の例として、デジタルカメラを製造するメーカーが提供するレンズを医療機器で活用すべく医療機器分野に進出することが挙げられます。また、フランチャイズであれば、既存事業で居酒屋を経営している会社がカフェなどの軽飲食のフランチャイズに加盟することで関連多角化を進めていくことが可能になります。

起業家にとっては、自ら開発したこれまでの市場にない製品やサービスが認知されることで、様々な分野で活用(横展開)されていくことも想定され、将来的な関連多角化に繋がる可能性を模索していく必要もあります。

多角化についてさらに詳しく知りたい方は、「多角化戦略にはフランチャイズへの加盟がハマる 前編:多角化戦略とは」をご覧ください。

カテゴリ:起業独立開業・経営戦略

みんコレ!起業独立開業の辞書

1

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

前の記事へ
次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
みんコレ!限定クーポン・キャッシュバックあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ