自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

フランチャイズ代理店

開業資金について-①起業時に融資を受けるなら政策金融公庫がおすすめ | 遠山 眞人

2019/01/17フランチャイズ代理店

開業資金について-①起業時に融資を受けるなら政策金融公庫がおすすめ | 遠山 眞人

今の自分の年齢・経験を理解しつつ、自分が何をやりたいかを判断し、起業のスキルを積むためにもフランチャイズビジネスを選択する事は、最適な判断といえます。

そこで問題となるのは、資金の問題です。
起業する場合に最初の金融機関としては、政策金融公庫(以下 公庫)をお勧めします。
公庫の発想は極めてシンプルで、①経験と②現有の資金(預貯金等)を考慮します。例えば、電気工事業に従事して12年とか、中華料理人として20年の経験があれば、公庫は融資をとおしてくれます。

フランチャイズビジネスを選択するほとんどの方はその業種に関しては、「素人」である事がほとんどなので、②現有の預貯金の額が判断基準となります。
いくら必要なのか?これは業種やそのフランチャイズ本部の基準によって異なります。
必要とされる資金(開業資金)の目安は、①開業時の初期コスト(店舗を借りるための費用や工事費など)②フランチャイズの加盟金(フランチャイズ本部によってかなり異なります)③3か月分の運転資金の合計となります。

飲食店であれば、1500万円~3000万円が標準と言えます。携帯電話の修理店であれば、1000万円程度でしょう。よほどしっかりした事業計画書があれば、別ですが、通常は、公庫が評価する自己資金は、飲食店の開業であれば、半分の750万円~1500万円が用意できるか否かを判断します。自己資金は基本は本人(配偶者含む)の預貯金ですが、親兄弟からの借り入れも自己資金とみなしてもらえます。なかなか公庫の満額回答を得る事は困難なので、公庫から融資を受けたうえで足りない分は地元の金融機関、特に信用金庫さんからの借り入れをお勧めします。

以上

遠山先生の記事一覧

開業資金について】

起業時に融資を受けるなら政策金融公庫がおすすめ

②FCで開業するときに政策金融公庫で融資を受けるコツ

【補助金について】

返済不要!?フランチャイズビジネスに向いている補助金について


遠山 眞人

名古屋証券取引所第二部上場企業役員を経験後、遠山行政書士事務所を開業

契約書作成のプロ 融資に強い行政書士 東京都中小企業診断士会認定フランチャイズ研究会会員 ターンアラウンドマネージャー 愛知東邦大学評議員 株式会社ウェイビー相談役


専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
みんコレ!限定クーポン・キャッシュバックあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ