自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

起業独立開業・経営用語(一覧はこちら

競業避止義務とは・意味

2018/12/20起業独立開業・経営用語(一覧はこちら)】

競業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)

カテゴリ:フランチャイズ代理店

フランチャイズを利用して独立起業を考えている方には知っておいていただきたい単語の1つです。この競業避止義務はフランチャイズ本部と加盟契約を結ぶ際、多くの場合契約書に盛り込まれている内容になります。

まず、「競業避止義務」とは、フランチャイジーが加盟するフランチャイズ本部との加盟契約を解消した後に同業種、または類似した事業を一定期間行うことを制限させる義務をいいます。目的としてはフランチャイズ本部が長年蓄積してきたノウハウを流出させない、他の加盟者の商圏を維持する、といったフランチャイズ本部のブランドを保護することを目的として設けられています。

これはフランチャイズに加盟して事業を展開するうえでデメリットとも言えますし契約終了後に本部とのトラブルの原因になる可能性もあるためしっかりと理解しておきましょう。

デメリットと言ったのは将来的な事業展開の足かせになるかもしれない、という点です。フランチャイズ加盟による独立起業を経ることで、全くその業界が未経験であったとしても経験を積むことができます。その後事業が順調に伸びていったときに今までのフランチャイズとは違う独自の事業展開を考えるかもしれません。しかし、競業避止義務があることによって契約の終了後でも自由に事業展開ができないという可能性が生まれてきます。

ただ、競業避止義務は絶対的なものではなく、フランチャイズ本部による十分な運営指導がない、売上予測に大幅な誤りがあった等の理由がある場合は無効となる可能性がありますが、微妙なニュアンスを含んでいるためトラブルの原因になることもあります。

加盟契約を結ぶ前には「競業避止義務」について十分に確認し、フランチャイズ本部との認識を一致させておく必要があります。最悪のトラブルとして訴訟リスクを伴うものでもありますので細心の注意が必要です。

カテゴリ:フランチャイズ代理店

みんコレ!起業独立開業の辞書

1

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

前の記事へ
次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
みんコレ!限定クーポン・キャッシュバックあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ