自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

フランチャイズ(FC)・代理店募集情報

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおん

ブルーオーシャンのペット共生型福祉施設を開業!話題のレベニューシェアで開業とは?

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんの紹介

「わおん」が提供するのは、保護犬・保護猫と一緒に暮らす障害者グループホームです。

「障害者グループホームわおん」は障害者の方が保護犬や保護猫と一緒に生活することができるグループホームです。

弊社はデイサービスやペットの訪問介護の事業を続けてきた経験から、今回この「障害者グループホームわおん」を立ち上げました。

障害者グループホームとは軽度の障害者が少人数で共同生活をする場所のことです。

動物と一緒に生活をすることで心理的、生理的、社会的に良い効果があり、動物介在療法、すなわち「アニマルセラピー」として臨床的にも認められています。

当グループホームで一緒に生活する犬や猫は殺処分されそうになっている保護犬・保護猫です。彼ら自身の命を救えるとともに、多くの障害者の生活の質を向上させる非常に社会的意義のあるビジネスです。

わおんが参画企業の募集を開始後、たった3ヶ月で500拠点の出店計画があることからもその注目度の高さが伺えます。

それでもまだまだ足りていない障害者グループホームを運営してくださるパートナーを募集しております。

このビジネスの特徴

  • 未経験から始める
  • 女性起業家が活躍
  • 法人の新規事業向け
  • 複数店オーナー多数
  • 集客力に自信あり
扱う商品・サービスの概要

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんの扱う商品・サービスの概要イメージ

「障害者グループホームわおん」では障害者が犬や猫と一緒に生活をするという他のグループにはない高い独自性を有しています。動物と一緒に生活をすることで以下のようなアニマルテラピーの効果が期待できます。

1.心理的効果
気持ちが元気になり笑う機会が増える・くつろぎ効果・親密な感情を生む・回想作用

2.生理的効果
病気の回復を助ける・刺激やリラックス効果・血圧やコレステロール値の低下・運動になる機会が増える・リハビリテーションを楽しめる

3.社会的効果人
人との出会いのきっかけやコミュニケーションのきっかけとなる・人間関係をスムーズにする・盲導犬や介助犬として障害を持つ人の身体的・経済的な自立を支える

このビジネスの強み

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんのビジネスの強み

「わおん」の契約モデルはフランチャイズではなく「レベニューシェア」です。

レベニューシェアとは

「売上や利益に応じて事前に定めた配分比率で収益を分配するモデル」

です。

通常のフランチャイズ契約ではサポートがしっかりしている反面、制約が多いため自分のやりたいように運営ができなかったり、開業時などに必要な費用が多くなりがちです。

「わおん」が提供するレベニューシェアはフランチャイズよりも自由度が高く、概念やプラットフォーム、コンテンツの提供を受けながら展開できる契約モデルです。

・ブランド名が自由(「わおん」の商標をご利用いただくことも可)
・弊社の提供する「プラットフォーム(業態)」にさまざまな「コンテンツ」を組み合わせて事業を運営
・ビジネスモデルのカスタムは自由
・業者の指定や違約金、競業避止義務などの縛りは一切なし
・レベニューシェア比率は

参画企業様97%:弊社3%

募集概要

フランチャイズ代理店
ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおん
業種
生活関連・ペット関連
介護・デイサービス・訪問看護
契約形態
その他
フランチャイズ契約とライセンス契約の良いところを合わせた「レベニューシェア」という新しい加盟タイプを採用しております。)
契約期間
2年間
応募種別(法人・個人)
不問
募集エリア 全国

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんの
ビジネスモデルや成功ノウハウが詰まった資料を無料ですぐにお届けします。

※「まとめて資料請求リストに追加」してまとめて送信できます。

 

おすすめポイント

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんのこだわりポイント1

フランチャイズではなくレベニューシェアです!

ケアペッツのレベニューシェアモデルはフランチャイズよりも自由度が高く、概念・プラットフォーム・コンテンツの提供を受けることができる契約モデルです。

さらに50種類以上あるこれらのコンテンツはオーナー様が自由に選択することが可能なので、費用を抑えることができます。

加盟金なしで事業を始めることも可能です。

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんのこだわりポイント2

約40,000事業所が不足している上に規制の緩和でニーズのある市場です!

日本全国にいる障害者の総数が超高齢化社会と言われる今の時代の高齢者の数よりもはるかに多いことをご存知でしょうか?

日本人口の障害者の割合は7.3%に達し、必要な居室数は200,000室ともいわれています。

その不足を補うためには40,000事業所が必要となります。

さらに改正建築基準法が平成30年に改正されたことにより、「わおん」として活用できる物件の数が大幅に拡大しました。事業所が増えてきたとは言え、まだまだ足りない状況です。

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんのこだわりポイント3

障害者にも犬・猫にも優しい社会貢献ができる事業です!

このように障害者グループホームはこれからの時代のニーズにマッチしています。

さらに共生型福祉施設である「わおん」では保護犬・保護猫を随時引き取って障害者の方と一緒に生活をしています。

このビジネスモデルが広がっていけば、障害者にとっての心の拠り所になるとともに殺処分されようとしている多くの犬や猫を救うことができるのです。

受けられるサポート

開業前のサポート

 

通常のフランチャイズでの加盟金に相当するものとして「立ち上げ支援」としてサポートさせていただきます。こちらの「立ち上げ支援」をご利用いただくかどうかはオーナー様に選択していただきます。

立ち上げ支援:200万円(1施設あたり)
含まれるサポート内容としては事業理念、開業前の市場調査、物件調査、人材採用のサポート、必要な機関への協議、運営マニュアル、運営帳面一式などがございます。

開業後のフォロー

 

開業後のフォローについては別途料金となりますが、立ち上げ支援のようにご利用の可否はオーナー様に選択していただきます。(「集中購買システム」「保護犬紹介」「indeed登録」などは無料でご利用いただけます。)

別途料金となるコンテンツは50種類以上ご準備しております。
・「わおん」の商標使用料:月額1万円
・SV(スーパーバイザー)派遣:月額1.5万円
・請求・運営システム使用料:月額2万円
・介護給付費請求代行:月額2万円
・現場教育研修:3万円(1回あたり)
など

収益モデルと開業に必要な資金

【収益モデル(月間)】

収益モデル想定 事業所坪数
30.00坪
売上(月商)
2,200,000円
月坪売上高
73,333円
人件費
1,048,400円
(47.65%)
ロイヤリティまたは本部費用と費用率
63,774円 2.9%
(直営等の実績に基づき、以下の条件を想定して試算しております。 利用者:9名(5名×1拠点+4名×1拠点) 職員人数:4名 常勤職員   管理者兼サービス管理責任者:1名  生活相談員:1名  世話人:1名  夜間職員:1名 ※この収益モデルは実績に基づいたシミュレーション数値なので売上や利益などを一切保証するものではありません。 ※実際の売り上げや利益は市場や競合環境、運営状況などによりシミュレーションに対して増減する可能性があります。 ※保険料は、施設賠償保険・火災保険(それぞれ年額払い保険料の1か月分)の合計です。)
その他経費
事務用品費 5,000円 (0.23%)
給食費 144,000円 (6.55%)
旅費交通費(燃料費も含む) 5,000円 (0.23%)
通信費 20,000円 (0.91%)
会議費 5,000円 (0.23%)
地代家賃 200,000円 (9.09%)
保険料 5,800円 (0.26%)
水道光熱費 60,000円 (2.73%)
研修費 5,000円 (0.23%)
ファクタリングコンテンツ料 11,886円 (0.54%)
システム使用料 10,000円 (0.45%)
消耗品費 5,000円 (0.23%)
営業利益・利益率
495,000円 22.5%
収益モデル想定
事業所坪数
30.00坪
売上(月商) 2,200,000円
月坪売上高 73,333円
人件費 1,048,400円
(47.65%)
ロイヤリティまたは
本部費用と費用率
63,774円 2.9%
(直営等の実績に基づき、以下の条件を想定して試算しております。 利用者:9名(5名×1拠点+4名×1拠点) 職員人数:4名 常勤職員   管理者兼サービス管理責任者:1名  生活相談員:1名  世話人:1名  夜間職員:1名 ※この収益モデルは実績に基づいたシミュレーション数値なので売上や利益などを一切保証するものではありません。 ※実際の売り上げや利益は市場や競合環境、運営状況などによりシミュレーションに対して増減する可能性があります。 ※保険料は、施設賠償保険・火災保険(それぞれ年額払い保険料の1か月分)の合計です。)
その他経費 事務用品費 5,000円 (0.23%)
給食費 144,000円 (6.55%)
旅費交通費(燃料費も含む) 5,000円 (0.23%)
通信費 20,000円 (0.91%)
会議費 5,000円 (0.23%)
地代家賃 200,000円 (9.09%)
保険料 5,800円 (0.26%)
水道光熱費 60,000円 (2.73%)
研修費 5,000円 (0.23%)
ファクタリングコンテンツ料 11,886円 (0.54%)
システム使用料 10,000円 (0.45%)
消耗品費 5,000円 (0.23%)
営業利益・利益率 495,000円
22.5%
開業に必要な資金】
▼詳細を見る
総額 347.5万円~(税別)
「内訳」※税別
  ・加盟金
  ・保証金
  ・その他 

0円
0円
・物件取得費(千葉30坪 家賃10万円×2棟×敷金2ヶ月) 400,000円
・内装工事費(内訳 鍵付け工事仕切り設置工事 1棟あたり12万5000円) 250,000円
・消防設備(内訳 消⽕器、⾮常警報装置) 450,000円
・一般備品(内訳 テーブル、椅⼦等) 100,000円
・ペット用備品(内訳 トリミング台、ドライヤー、わんこトイレ等) 50,000円
・事務機器(内訳 複合機、パソコン) 125,000円
・採用費コンテンツ料(indeed掲載費⽤) 100,000円
・立ち上げ支援コンテンツ使用料 2,000,000円
     

本部からメッセージ

ONE HOME for ONE LIFE.

ペット共生型福祉施設が1つできるごとに、殺処分される犬・猫の命が必ず救われます。
日本では、実に年間50,000 頭もの犬・猫が殺処分されています。

保護犬・保護猫と暮らす障害者グループホーム「わおん」がビジネスとして広がっていけば、障害者にとってだけでなく、このように殺処分されてしまう犬・猫たちを必ず救うことができるのです。

私たちは、「わおん」を日本中に展開することを目指しています。

目標は6,000 事業所です。私たちの力だけでは、これを実現することはできません。

思いを共有していただける皆様と、もちろん事業としてもきちんと成立させつつ広げていくために、レベニューシェアモデルでの展開を行うこととしています。

ぜひ、「わおん」にご参画ください。

     

開業までの流れ

STEP.01 「資料請求」や
「説明会」等の参加

このサイトから参加登録してください。

STEP.02 説明会への参加
「わおん」に興味をお持ちいただき、話を聞いてみたいという方は目黒にある本社へお越しください。日程は相談させていただけますのでお気軽にご連絡をください。
STEP.03 契約締結
双方が納得したら契約を締結します。強引に勧誘するようなことは一切しませんので納得いくまでご検討いただき、気になることがございましたらいつでもお問い合わせください。
STEP.04 研修
オーナー研修やスタートアップ研修をご受講いただけます。研修は実際の施設で行うので、安心してノウハウを学ぶことができます。
STEP.05 開業
準備が整い次第開業です!

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんの
ビジネスモデルや成功ノウハウが詰まった資料を無料ですぐにお届けします。

※「まとめて資料請求リストに追加」してまとめて送信できます。

 

ペット共生型福祉施設 障害者グループホーム わおんと同じタイプから、別のフランチャイズ代理店を探す

このフランチャイズ(FC)・代理店に資料請求された方は、コチラにも資料請求しています。

資料請求された方の左矢印
資料請求された方の右矢印
ページTOPへ