自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  みんコレ!式 起業・副業・脱サラのトリセツ
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

フランチャイズニュース一覧

【12/28】韓国でチキンフランチャイズ加盟店数が減少

2018/12/28フランチャイズニュース一覧】

韓国の自営業を代表するチキン店の減少が深刻のようです。韓国ではチキン専門店市場が飽和状態で、競争が激しくなり、フランチャイズ加盟店数は統計開始後初めて減少となりました。ある報告によると韓国にあるチキン店の合計は36,000店で、マクドナルドの世界店舗数とほぼ同じ数にあたります。

統計庁が発表した報告によると、昨年基準でフランチャイズ全体での加盟店数は前年比6.6パーセント増加しました。コンビニエンスストア、韓食、チキンの3業種の加盟店数が全体の約51パーセントを占めています。

業種別にみると、チキン店の加盟店は前年比2.8パーセント減少しました。この数は統計の作成を始めた2013年から年々増え続けていましたが昨年初めて減少に転じる結果となっています。加盟店あたりの年間売上高の比較を見てみると、チキン店は、加盟店当たり平均1億4,950万ウォンという結果で、コンビニエンスストアの年間売上高の3分の1にも届かない現状です。また従業員の数は5年で3.7%減少したとのことです。韓国ではチキン店と同じく飲み屋も加盟店数と従業員数を減らしています。

檀国大経営学科教授でもあるチョン・ヨンスン韓国流通学会副会長は、「チキン店から他の部門の自営業にまで危機が広がる恐れがある」と懸念し、また「韓国の自営業者数が世界最高基準である点を勘案すると、韓国経済全体にも打撃を与えるかもしれない」とも話しています。

「チキン共和国」ともいわれる韓国で、チキン店が減少したというニュースでした。今後韓国全体の経済にまで影響を及ぼすことになっていくのでしょうか。もちろんフランチャイズが成長し続けている日本でも今後似たような事例が発生する可能性はあります。動向を見守りましょう。

みんコレ!フランチャイズNEWS

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

前の記事へ
次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ