自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  みんコレ!式 起業・副業・脱サラのトリセツ
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

フランチャイズニュース一覧

【12/12】消費増税でポイント還元 原則5パーセント、FC店舗は2パーセントで調整される

2018/12/12フランチャイズニュース一覧】

来年10月に迫った消費税増税に伴い、対策として検討中のポイント還元について政府は、コンビニエンスストアやガソリンスタンドなどの大手フランチャイズチェーンはポイント還元率を2パーセントに抑える方向で調整に入りました。それ以外の中小店のポイント還元率は5パーセントにする方針です。このように還元率が2種類に分かれたことに加え還元策が対象にならない店もあるため、消費者の混乱を招く恐れもあります。

ポイント還元は、中小小売店で買い物をした際に、クレジットカードなどを使ってキャッシュレス決済をした場合にポイントが還元され、その費用を国が負担するというものです。

ポイント還元を巡っては、コンビニなどでは個人経営のフランチャイズ店と本部が運営する直営店とが混在しているため、同じコンビニでありながらポイントが還元される店とされない店があるというわかりにくい事態に至りかねないという懸念がありました。そこで大手コンビニでは直営店でのポイント還元の分は自ら負担し、消費者がフランチャイズ店と同率の還元を得られるようにする方向で検討していました。ただ、一部からは「還元率が5パーセントでは負担が重すぎる」という声も上がっていました。

経済産業省の幹部は、ポイント還元率に差をつけたことについて「一律5パーセントの還元にすると、(客が)コンビニに集中しかねない」と語っています。

売り手側にも買い手側にもメリットがある制度にするにためにいまだに様々な意見が飛び交っているポイント還元ですが、ようやく最終調整に入ったようです。キャッシュレス決済に慣れていない消費者にとってはポイント還元の恩恵を受けるために今から準備が必要かもしれません。

みんコレ!フランチャイズNEWS

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

前の記事へ
次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
みんコレ!開業お祝い金あります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ