自分らしく、生きる、選択。

フランチャイズ(FC)・代理店ランキング募集情報と一覧比較一括資料請求起業独立開業の総合支援情報サイト【みんコレ!フランチャイズ

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

資料請求リスト
0
menu

フランチャイズ・代理店のランキング・加盟店募集情報と一括比較、支援情報 フランチャイズみんコレ!mincore!

簡単1分!無料資料請求
資料請求リスト
0

起業・独立・開業なびみんコレ!起業・独立・開業なび

  • 成功体験談
  •  専門家がこっそり教える。起業・経営で失敗しないための金言
  •  プロがズバッと伝授。フランチャイズ加盟を成功に導く知識
  •  みんコレ!式 起業・副業・脱サラのトリセツ
  •  こんなフランチャイズな奴らはイヤだ
  • 【最新版】統計からのフランチャイズいろいろランキング
  •  みんコレ!フランチャイズNEWS
  •  起業・独立・開業の辞書

フランチャイズニュース一覧

【12/7】韓国のコンビニ 出店時の制限距離に自立規約が設けられる

2018/12/07フランチャイズニュース一覧】

韓国では、コンビニエンスストアの過密化が進んでおり、それを解消するために競争業者間で地域により出店距離を50~100メートルに制限するコンビニ業界独自の自律規約が設けられました。

12月4日、公正取引委員会はコンビニ過密化の解消と、経営条件の改善に焦点を合わせた自律規約の選定案を11月30日の小会議で承認したと発表しました。公正取引委員会は、このような自律規約はフランチャイズ分野では初となる事例だと強調しています。

韓国にあるコンビニのGS25、セブンイレブン、CU、C-Space、ミニストップ、イーマート24がこの自律規約に参加することが決まっており、その結果全国にあるコンビニの96パーセントにも達する3万8千店舗が影響を受けるとみられています。コンビニ産業協会では今月中にも自律規約の施行に入るとしており、飽和状態にあるコンビニ市場に改善の動きがみられ始めると思われます。

自律規約により、出店予定地の近くに他のコンビニがあるならば周辺の立地、特性、流動人口などを考慮して出店について慎重に決定することとしました。原則的には50~100メートルの距離を置きますが密集した商圏や流動人口が多いエリアについては例外も認められます。直接の影響を受けることになる加盟店主たちは、このたびの自律規約の趣旨には歓迎の意を示すものの、不十分な部分もあり実効性に欠けるという見方を示しています。

コンビニを出て数メートル歩けばまた別のコンビニがあるというのは日本の都心部でもみられる現状ではないでしょうか。コンビニを新たに出店する場合に一定の距離を置くというのは興味深いニュースです。フランチャイズに加盟する側からしたら自分の店舗のすぐ近くに別のコンビニが出店できなくなるというのは嬉しい事ですが、今後他業種のフランチャイズや他の国にも同じような動きが出るのかどうかも気になるところです。

みんコレ!フランチャイズNEWS

この記事を見た方はこちらの記事も見ています。

前の記事へ
次の記事へ

みんコレ!はチョーかんたん無料資料請求♪

みんコレ!では、無料請求後すぐにビジネスの魅力がわかる資料が届きます。

気になるFCを請求リストに追加
↓
”まとめてまるっと”一括資料請求
↓
お手元に資料が届きます。
ご利用方法はこちら

ログイン

かんたん!無料会員登録
  • お気に入りに登録 & 加盟情報が一覧で比較できる
  • 「資料請求」や「イベント申込」などで毎回情報を入力する手間がなくなる
  • 資料請求やイベントの履歴が
    見れる
みんコレ!開業お祝い金あります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • チェック

  • 掲載本部大募集


    ページTOPへ